7月4日株式会社 コアー建築工房施工品質向上研修(4日目)大阪府堺市に本社を置く株式会社コアー建築工房様の現場にて実施させていただきました。コアー建築工房様は『工務店ならではの風土を活かした設計・施工を、お施主様と二人三脚で、世界にひとつの家づくりを』をモットーにさらなる品質向上。1物件目は、竣工時で主に仕上の状態、設計図書との相違等を確認。仕上がりの状態の基準は難しく個人によって差が出ます。キズの判断、造作などの納め方等、担当者、職方様、施主様によっても考え方が違います。その辺りを全員で設計での段階の事も考えました。2物件目は、木工事完了で主にボード下地のビスピッチ、ビスへり空き、割れ等を個々に確認いたしました。材料種類(ビス)の統一を含め今後更に品質向上の為の社内基準が見えました。今回の現場研修でも建物完成してしまうと建築主様にはわからない施工品質へのこだわりを感じました。次回最終日(第5日目)は、今まで上がった色々な検討事項を今後どう考えていくか、どう実行していくかを考える研修となります。今から非常に楽しみです。